おすすめ調味料

おすすめの醤油【無添加】オーサワジャパン茜(本醸造)の紹介

今日は私が普段から使っている『無添加の醤油』を紹介したいと思います。

野菜やお肉など全てオーガニックのものを用意するのは難しいかもしれませんが、調味料なら一度買ってしまえば長く使えるものが多いです。

かんなさん
かんなさん
スーパーよりはほんの少し高いかもしれないけれど味もワンランク上です

オーサワジャパン『茜』本醸造の無添加醤油

 

オーサワジャパンは、マクロビオティックなど自然食を取り扱っているメーカーです。

そこから出ている「茜」というシリーズの醤油が好きで何年も使っています。

煮物や炒めものはもちろんのこと、お刺身などにも合いますのでオススメの醤油です。

「茜」は2種類ありまして、まずは普通の「茜」から。

名称:こいくちしょうゆ(本醸造)

原材料名:小麦、大豆、食塩

内容量:1000ml

ピヨくん
ピヨくん
いつも使っているのはこっちの茜醤油だね

まずオーガニックの調味料を揃えようと思ったら、一番に醤油から変えて頂けたらと思います。

スーパーで売られている安価な醤油は原材料を見て頂くと分かりますが、甘みを加えて旨味を持たせたアミノ酸等や、色を濃くするためのカラメル色素などが添加されています。

そして日持ちがしない為に保存料も含まれています。

本物の醤油ではなく「醤油風調味料」です。

その点、オーサワジャパンの「茜」の原材料は、小麦・大豆・食塩の3点のみと非常にシンプルです。

添加物を入れなくても醤油本来の味がして本当に美味しいのでオススメです。

定価は756円(税込み)なのでそこまで高くはないですよ。

 

次は同じ「茜」シリーズでもさらに有機大豆を使用した有機醤油です。

名称:こいくちしょうゆ(本醸造)

原材料名:有機小麦(国産)、有機大豆(国産)、食塩

内容量:1000ml

小麦と大豆が国産の有機(農薬や化学肥料を使用していない)で作られています。

有機の材料を使っている分、こちらのほうが少し値段が高くて約1100円代です。

有機茜醤油と茜醤油の味の違い

 

かんなさん
かんなさん
気になるのは味の違いですよね

左が有機茜醤油で右が茜醤油

見た目には有機茜醤油のほうが色が薄いです。

味は、有機茜醤油のほうが酸味・甘みともに強く感じられます。

味に関しては好みが分かれるところだと思いますが、私は料理で使う分にはそこまで違いを感じませんでした。

その為、いつも使っている普通の茜醤油をリピート買いしています。

ピヨくん
ピヨくん
ホットクックで料理する時も茜醤油を使っているよ

とことん有機にこだわる方は有機茜醤油をおすすめします。

以前は自然食品のお店でこちらの茜醤油を購入していましたが、最近ではAmazonや楽天でも取り扱っていることを知ったのでネットで購入しています。

開封後は冷蔵庫で保存しなければいけないのですが、冷蔵庫に余裕のある方は1.8Lのペットボトルタイプもお買い得ですよ。

次回はいつも使っている「砂糖」を紹介しようと思っています。